パニック障害という症状について

パニック障害と呼ばれている疾患は、
一昔前だと、あまり聞いたことが無かったんですが、
最近ではとってもよく耳にするようになりました。

昔から実際に存在している病気なんでしょうか、
一般的には知られていなかったように思います。
私も、映画やドラマで、そのようなシーンをいくつか見たことがあります。

実際、周囲の人の中にパニック障害の方がいなくても
テレビのなかの映像としてみたことがある人も多のではないでしょうか。

症状としては、様々ですが、突然、動悸が激しくなったり、息苦しさを感じたり、
中には、めまいを起す方もいます。

他にも、汗が止まらない、手足の震えが止まらない、など
突然、このような状態になってしまうことを、パニック障害と呼んでおります。

ようするに、何の理由もなくパニック状態に陥るということですので、
対処法もわからず、周囲の人は驚いて動揺してしまうことでしょう。

パニック発作が、何の前触れもなく、起こることをパニック障害と言います。
この疾患は、思い当たることも、直接の原因もありませんので、
防ぎようがなく、そうなった場合の対処法を知っておくしか無いです。

突然、心の中に湧き上がってくる不安感、恐怖感で、
自分の気持ちがコントロール不能になり、体がそれに反応して、
様々な症状を引き起こしてしまいます。

心臓がドキドキして止まらないケースなんかは
このまま死んでしまうのかと思うくらいの不安になることでしょう。

ですが、ある程度の時間が過ぎたら、パニック状態は一旦落ち着きますので、
何かしらの対処をしながらその間を無事に過ごすしかなんです。 「パニック障害という症状について」の続きを読む…