オリジナルのクリスマスツリーを作ろう!

楽しいクリスマス気分を演出してくれるのは、
やっぱり、クリスマスツリーですね!

最近では、クリスマスツリーの値段も安くなりましたし、
オーナメントなどの飾りもすべてセットになったものが販売されております。

とても手軽になりましたから、シーズンが近づくと、
クリスマスツリーを飾っているご家庭も多いのではないでしょうか?

飾りつけを行なうことも行事の一つですから、
子供たちと一緒にオーナメントを飾ることもとっても楽しいですよね。

このクリスマスツリー、定番では、様々なオーナメント、そしてライト、
モールなどがありますが、この飾り付けの方法で、
ツリーのイメージを、がらっと変化させることが可能なんです。

販売されているクリスマスツリーの多くは、樹木が緑でオーナメントが赤や白、
そして、ゴールドなどキラキラしたものだと思います。

例えば、恋人とクリスマスを過ごすためのツリーでしたら、
もっと変化をつけてみたり、年齢が上がったらツリーの色自体を変えてみたりと、
変化をつけることができます。

今年は、思い切ってツリーにこだわり、
自分だけのオリジナルツリーを飾りつけてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


クリスマスツリーの雰囲気が変わると、お部屋のムードもガラリと変わってきますので、
毎年、同じツリーを飾っていた方もマンネリから脱出できますね。

まず、飾りつけるものを変えるだけで、まったく違ったイメージになります。

クリスマスツリーのセットに入っているオーナメントは、子供向けの飾りが多いですが、
飾りのカラーを統一して大人っぽいクリスマスツリーにしてみましょう。

青いクリスマスツリーというものも、なかなか乙です。

青だけの飾りですと、とても冷たいイメージになりますが、
そこがファンタジックです。

透明のオーナメントで氷をイメージして、
青いオーナメントばかりをチョイスして飾れば、雪の女王になった気分。

ツリーが緑のままでもよいですし、ツリーを白にして、
オーナメントをブルーに統一すれば、氷の世界にいるような気分になれます。

アットホームではないので、お子様には冷たすぎるイメージかもしれませんが、
大人のクリスマスにはぴったりのツリーではないでしょうか。
また、赤いクリスマスツリーも素敵です。

赤はクリスマスカラーのひとつですから、
オーナメントが赤くても不自然ではありません。

ですが、すべてが真っ赤なクリスマスツリーは
とても珍しいのではないでしょうか。

緑のツリーの上に、赤いオーナメントばかりを飾り、
モールもライトもすべて赤に統一すれば、レッドツリーの出来上がりです。
もちろん、ツリー自体が赤のものが手に入れば完璧なレッドツリーになります。

見ているだけでポカポカしてくる真っ赤なクリスマスツリーは、
パーティーなどでも映えますし、寒い夜に長めるにはとても良い感じです。
そして、センスの良さが光るのがホワイトツリーです。

真っ白で清楚なイメージのホワイトツリーは、ロマンティック、
ドラマチックに過ごしたい恋人同士にもぴったりなのです。

ツリーも白にして、あとはオーナメントも白や透明のものに統一します。
見ているだけで雪の世界に来たような、そして大人っぽいイメージ。

洗練されたホワイトツリーは、おうちの中をよりムーディーにしてくれますから、
恋人とおうちでクリスマスをお祝いするという方にもおすすめです。
また、年配の方にも似合います。

子供っぽいツリーに飽きたという方にも、ホワイトツリーはぴったりです。
ロマンティックでもあり、シックでもあり、ホワイトツリーの魅力は様々なのです。

そして、パーティーにもおすすめのツリーがゴールドツリーです。
金色の飾りだけをつければ、かなりリッチなイメージになります。
所々、シルバー色をアクセントにしてもよいでしょう。

このようにツリーの飾りに変化をつけるだけでも、
いろいろな顔をしたツリーを楽しむことができますね。
他にも、個性的なブラックツリーもあります。

黒なんてクリスマスには関係ない色かもしれませんが、
黒のオーナメントだけにしてみると、なんともシックで大人っぽく、
ロックテイストなイカしたクリスマスツリーができます。

ブラックツリーは、おしゃれなバーや、ライブハウスに置いたら似合いそうですね。
飾りのアクセントでキラキラしたものを少し入れても素敵でしょう。

このように、クリスマスツリーは一般的なカラフルなものだけではなく、
いくらでも個性を表現できるものなのだと思います。

クリスマスツリーのそれぞれの飾りにはしっかりと意味がありますので
それとはちょっと違ったツリーになりますが、
たまにはこうしたオリジナルツリーでいつもの雰囲気を変えてみても楽しいでしょうね。

様々な色のツリーをご紹介してみましたが、
自分の好きな色で挑戦してみることもおすすめです!

みなさんも、今年は、オリジナルツリーで
クリスマスの雰囲気をガラリと変化させてみませんか?


スポンサードリンク

コメントを残す