クリスマスリースの飾りの意味って?

12月が近づきますと、街中も通りも家もクリスマスの飾りが目立ってきます。

街のあちらこちらにクリスマスツリーや、イルミネーションなど、
美しい飾り付けが見られるようになりますね。

私たち、日本人のほとんどはキリスト教ではないですが、
クリスマスをお祝いする人は非常に多いですよね。

宗教も関係なく、現在は、クリスマスというものは、
年間行事に入っていて大切なイベントの一つとなっております。

クリスマスは、ロマンティックな恋人たちの行事であったり、
楽しい家族の行事であったり、また、
気の合う仲間とクリスマスパーティーを開いたり。

ビジネス的にも大切な時期で、クリスマス商戦と呼ばれているように、
人々の購買意欲が上がる期間です。

確かにその通りで、クリスマスプレゼントも交換するでしょうし、
外食もするでしょうし、お金がかかる時期でもありますよね。

クリスマスが近くなれば、クリスマスツリーを家族で飾りつけするなど、
クリスマスシーズンを前にして、準備期間のなかでも楽しいことがたくさんあります。

クリスマスムードを盛り上げてくれるのは、やはり、色とりどりな飾りの数々でしょう。

クリスマスツリーはもちろんのこと、リースやキャンドルなど、
飾り付けが多いほど気分が盛り上がってきますよね。

スポンサードリンク


クリスマスリース

クリスマスリースは、ツリーに続いて定番となっている飾りです。
お店の入り口や自宅の玄関など、素敵なリースを飾っているところも増えてきましたね。
このリースは、英語で「wreath」と書きます。

リースの意味は、お花や葉っぱなどで円型を作った装飾品のことであり、
リース自体はクリスマスという意味は無いです。

日本ではリースというとクリスマスリースのイメージが強いですが、
海外では、クリスマス以外でもリースを作って飾る習慣があり、
それとは別にクリスマス仕様に特別に作られたものをクリスマスリースと呼んでおります。

そして、クリスマスリースは、その意味がきちんとあるんです。

「魔除け」「豊作を願う」という意味を込めて飾りますので、
玄関に飾る方が多いのですね。

また、このような意味を込めているからこそ、
クリスマスのリースに使う材料もちゃんと選ばれて使われているんです。

殺菌作用や、抗菌作用があるもみの木やマツを使うことで、
魔除け、豊作に繋がります。

また、月桂樹など、常緑樹を使うのは、永遠の命という意味が込められていまして、
クリスマスツリーも常緑樹が使われていますよね。

そして、クリスマスリースの飾りの材料となるヒイラギは、
キリストの「受難」を意味し、リボン、ベルも魔よけを意味しています。

ヒイラギの赤い実はキリストの血を、
マツボックリやりんご、麦の穂は、収穫を意味しています。

クリスマスはとっても大きなイベントで、楽しみも多いですが、
準備期間も非常にワクワクするものです。

クリスマスツリーを飾りつけるだけではなく、
クリスマスリースを手作りしても楽しいでしょうね。

材料のひとつひとつに込められた意味を考えながら
クリスマスリースを作ってみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

コメントを残す