クリスマスツリーの飾りの意味って?

この国ではハロウィンのシーズンが終わると、
すぐにクリスマスの飾り付けが始まります。

寒くなってくる季節ですが、クリスマスのデコレーションを見ていると、
なんだかわくわくしてきますよね。

街もクリスマスムードが、どんどん高まる時期ですし、
自宅でも、クリスマスツリーの飾り付けをする人も多いでしょう。

クリスマスカラーと言えば、赤、緑、白です。
赤は、キリストが流した血、緑は常緑樹、白は雪をイメージしているそうです。

そして、クリスマスに絶対必要なものと言えば、やはり、ツリーですね。

他にも、トナカイや、クリスマスプレゼント、サンタ、キリスト、など、
クリスマスから浮かんでくるものはたくさんありますが、
クリスマスツリーが一番ではないでしょうか。

近年のツリーは、デスクの上に飾っておけるちっちゃなものから、
本格的な巨大サイズまで、いろいろなものが売られています。

また、街路樹をクリスマスツリーのように飾り付けているところもあり、
街の中でもツリーを見ることができますよね。

スポンサードリンク


クリスマスツリーの飾りの意味

クリスマスツリーは、オーナメントでデコレーションられていて、
オーナメントには、いろいろなものがあります。

有名なところで、星とか、リンゴとか、ベルなどが存在しますが、
それぞれのオーナメントには、ちゃんと意味があって、
ツリーにその想いを込めて飾りをつけております。

オーナメントと意味は、かざりとか装飾の意味です。
クリスマスツリーの飾りは、クリスマスオーナメントと呼ばれております。

どこのクリスマスツリーでも見かける、一番上にあるですが、
こちらは、「ベツレヘムの星」を意味にしています。

「輝き」や「賢者」、また「希望」と言う意味で使われております。
この「ベツレヘムの星」とは、キリスト誕生時に光り輝いた星のことです。

たくさんの方が星の意味も知らず、クリスマスツリーに飾りつけていたと思いますが、
しっかりと意味があったのですね。

そして、クリスマスツリーに絶対不可欠なオーナメントとして「ベル」もありますよね。
これは、キリストが誕生したことをお知らせするためのベルで、
喜びのベルとも言われております。

それ以外にも、迷子にならないように家畜の羊に付けていたベルを意味するとも
言われています。また、ベルは邪気払いの意味もあるそうです。

そして、クリスマスツリーに良く見かけるリンゴの飾りですが、
リンゴは知っている通りエデンの園にあったフルーツです。

知識の樹の実と言われている果物であり、
リンゴには「豊かな実り」や「幸福」といった意味が込められています。

また、リンゴは永遠の命をもたらしてくれる果実であり、
生きる喜びを体感させてくれる果実と言われているのです。

それから、クリスマスと言えば靴下ですよね。

クリスマスオーナメントとしても靴下は代表となるものですが、
これはサンタクロースが貧しい家に金貨を投げ入れたときに、
靴下の中へたまたまそれが入り込んだということから、
靴下をクリスマスに飾るということが定番になりました。

サンタクロースのモデルは、聖ニコラスであり、彼が貧しい家のこども達のために、
金貨を煙突から、投げ入れたそうです。それが、偶然、靴下の中に入ったという物語が由来となり、
クリスマスツリーには靴下がオーナメントとして飾られているのです。

クリスマスツリーのリボンは「永遠の結び」といった意味を込めて飾りに使うようです。
それから、クリスマスツリーと言えば、ステッキも飾りになっていますよね。

私は子供のころ、キャンディーになった杖が大好きでした。
このステッキは、羊飼いの必需品ということで杖が飾られています。

羊飼いは、迷った羊を、ステッキの曲がった所でうまく引っ掛けて、
群れに連れ戻すそうです。このことから、杖は「助け合い」と象徴すると言われています。

私の好きなストライプのステッキキャンディーは、最初、
ドイツで作られていたころは白だったそうです。

アメリカに入ってから、ストライプ模様になったとか。
キャンディ・ケーンと呼ばれている模様の入った杖の飴は大ヒットしています。

それから、クリスマスツリーの飾りと言えば、ライトです。
これは「世を照らす光」を意味しており、キリストが、
その象徴であることあることからクリスマスツリーにも光を飾っているそうです。

クリスマスイルミネーションの始まりは、ある牧師さんが、
ツリーの合間から見える星の美しさに感動し、ローソクによって再現したこと。
これが、今のイルミネーションの始まりとなりました。

クリスマスツリーの木として、常緑樹が使われることが多いですが、これにも理由があり、
冬でも緑があり、葉が落ちないことから、「永遠の生命の象徴」となっているのです。

また、クリスマスの飾りに登場する、ヤドリギやヒイラギ、ポインセチアには、
邪気払いの意味があるそうです。


スポンサードリンク

コメントを残す