アルコール依存症者が起こす特徴的な行動とは?

今日はアルコール依存症者が起こす特徴的な行動を
いくつかお話したします。

スポンサードリンク


アルコール依存症までの道筋

アルコール依存症の方は車のカギを隠したり携帯電話やスマートフォンを隠す特徴がございます。

行動パターンには財布(現金やカード)を人の目に見えない形で所有して隠していることがあります。

そして自分が言ったことをはっきりとしません、言い返しても「あんたの言っていることはおかしい」という風にして言葉を返すしぐさ、行動が長期間続けます。

この状態の中で抑うつ状態に陥ったり会話のない時間が続いたりしてしまうこともあります。

そしてそれが、暴力のハイリスク状態へと繋がっていくのです。

最初は静かな生活だったのに気付いたら荒々しい生活態度や言葉遣い変化していきます。

私の父親がまさにそれでした、まだ幼い頃は優しい父親だったのですが、私が中学生くらいになるとしだいに変わっていっていまったんです。

アルコール依存症

これは、本人の自己尊重の低下で起きる『不穏と不安』が原因だと言われています。

実際に疑われるのは「せん妄」や「境界的妄想」であり「強い敵意」と「強い恨み」と「強い憎しみ」が感情表現に現れてきます。

そして、その感情表現を理解できる人は【家庭の家族】だけに限られてきます。

やがて日常生活で人と関わることが困難になって「病的家族システム」としての家庭を自分で構築しようとする考えが生まれるです。

それが「強い政治力」として家庭で政治を行う危険性が有ります。

経済面は借金を増やす性格が目立ち初めて夜中の外出や徘徊の際に「消費者金融ATM」へ立ち寄る風景が目立つようになっていきます。

食事と睡眠のリズムが取れないだけでもこういう健康障害を呼び寄せる結果る場合がありますから、日頃から食生活と睡眠には注意するようにしてください。

頻発する交通違反に通じていくこともあり、鍵を隠したり財布を隠したり嘘の予定を作ったりごまかしたり電話の時間が長くなったりすることもございます。

特徴は「財布を隠す」「電話を隠す」の2つに絞られます。


スポンサードリンク

コメントを残す