エアコンはしっかりと手入れを、フイルターの掃除方法はコレ!

エアコンの手入れとして、一般的な家庭において最も大きいのが掃除または日ごろの手入れでしょう。

人によっては、例えば暑いシーズンには冷房よりもドライを好む方がいらっしゃるようですが、これはとりわけ室内のエアーの湿気を除去する機能ですので、やはり快適に過ごすことができますね。

スポンサードリンク


エアコンの手入れをしよう

エアコンの室内器は、文字どおりであって室内の影響が最も大きいですね。
室内器のあまり見ることのない上面に溜まったホコリはなかなか多いです。

室内のエアーを吸い込む前面にあるもっとも大きくて重要な表面もホコリは多いですね。

これらは、どうにかしてシーズンに関係なく手入れしておきたいものですし、電源のコンセント周辺も同様にトータル的なメンテナンスの対象ともいえますね。

最も簡単にいつでも可能なのが、普段の毎日でも行なっている電気掃除機をエアコンの室内器に当てて表面のホコリなどを吸い込んでしまうことでしょう。

これだけでも室内器の内部にあるエアーフィルター(空気ろ過器)の掃除のインターバルが延びることにつながるのです。

そしてエアコンの作動が少しでも低下しているとか騒音が大きくなったとか、さらには異臭などを感じたりしましたら、先ずはこのエアーフイルターの完全な掃除を行ってください。

どのような型式の室内器においても、これは簡単に取り外せるようになっております。

これらは、もちろん電気店などのプロに依頼すれば、大きさそして数量や周囲などの条件によっては、半日仕事に近くになりまして、相当な費用がかかるものです。

自分でしてもいいと思いますが、慣れないと難しいです。
そしたら無理をせず業者に依頼をしてくださいね。

スポンサーリンク



エアコンのフィルターの掃除

エアコンの掃除におきまして、最も重要であって定期的な簡単な手入れ以外に必要なのが、室内器の前面パネルを上に開いたあたりに位置しているエアフイルターが挙げられます。

タイプによっては、とても簡単にマークにしたがって引き出せるネット(網)状の薄くて平べったいもので、スタイルによっても異なりますが、大方が左右の2枚に分かれておりますので、それぞれを引き出してフロア上に置いてください。

横長の1枚スタイルもタイプによってはあるのですが、まったく同じですね。
そして電気掃除機によってホコリに加えてカビなども完全に取り除いていきましょう。

原則的にはエアーを吸い込むサイドの前面でもいいのですが、終了したら裏面も同様に行なっておくようにしてください。

日光に透かしてして眺めてみて、細かい汚れなどがが見えなければ完了となります。

しかし、室内の湿気による影響も大いにあることですから、電気掃除機での吸引のみではどうしても残ってしまうことがございます。

このようなケースになりますと水洗が必要になってきますので、バスルームのフロアに置いて水シャワーによる洗浄が必要になります。

裏返したりしつつ両サイドで行うようにしましょう。

それでもカビなどが残るようでしたら、清浄性のある薬品液を使えばある程度除去できますが、あまり刺激性の強いものは避けるようにいたあしましょう。

終わったら軟らかいタオルなどで水分を拭いてから、よく乾燥させてください。

本体へ戻すときには前後左右を取り違えないようにチェックしつつ、ゆっくりと丁寧に扱いましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す