円満な夫婦生活を送るにはポジティブな会話が超大事!

夫婦生活で会話が大事だという事は前回お伝えしました。
しかしその会話の内容もネガティブなものだといけません。

スポンサードリンク


ポジティブな会話を

夫婦生活を円満にするためには、ポジティブな会話をすることが大事だと言われております。

皆さんはパートナーと、普段、どういった会話をしているでしょうか?
ネガティブな会話を続けていたならば必ずすぐにケンカに発展してしまうでしょう。

もちろん、会話自体が少ない事は良くないです。
ですが、それ以上に最悪な事はは、お互いの悪口を言い合うことです。

お子さんにもこれは悪影響ですよね。そして、仕事で疲れて帰宅した旦那さんに、家事や育児を手伝ってくれない不満をぶつけていては、旦那さんも不愉快になるのは当たり前です。

家が癒しの場場所にならないと、家に帰りたくないと思ってしまいますでしょう。
悪いのは、お互いの悪口を言うだけじゃありません。

例をあげると、テレビに出ている芸能人をけなしたり、文句を言ったりなど、マイナスの言葉ばかり口にしていると、夫婦生活を円満にするどころか、家族みんなが嫌が気分になりますになってしまいます。

ですから、家では、可能な限りポジティブな言葉を使用すること。
また、穏やかになれるような明るい話をする事。

そうすることにより、家が落ち着く場所となりますから、ケンカが多々あった夫婦生活も、これで円満となると思います。

なぜ、ケンカになるのか思い返してみたら分かるはずですね。
お互いにきっとマイナスの言葉ばかり発していたのだと思われます。

また、片方がマイナスの言葉ばかり口にしておりますと、相手も自然とマイナスを口にするようになりますし、家族中がそうなってしまうでしょう。

奥さんは家族の太陽であるべきです存在ですからから、まずは奥さんがポジティブな言葉を使用していきましょう。

Print

対人関係のトラブルや悩み事の相談することは、マイナスでは無いです。

ひとりで抱えこんでいたら、円満な夫婦生活とは言えないですので、時間のある時にゆっくり聞いてもらいましょう。

絶対にしてはいけないことは、旦那さんがテレビを見て楽しんでいたり食事をしていたり、そのようなときに一方的に相談を持ち掛けたり愚痴を言ったりすることです。

大事な話をする際には、しっかりと時間を作り、お互い顔を見ながら話すようにして下さい。

それから、最も使用してほしい言葉は『ありがとう』です。

夫婦間でも、しっかりと『ありがとう』と言っているでしょうか?

夫がお皿を下げてくれたり、育児を手を貸してくれたり、愚痴を聞いてくれたり、ほんのちょっとのことでもしっかりと『ありがとう』と伝えましょう『やってくれて助かった』『お陰で楽になった』などの、感謝の気持ちを言葉に出す事は円満な夫婦生活のためにはとても大切なことであります。

たとえば、お給料日がそうです。

銀行から引き出しますので、旦那さんへ感謝の思いも湧き上がりづらいと思いますが、「今日、お給料を下ろしてきたよ。今月もありがとうね!」と伝えましょう。

照れ屋の旦那さんでしても、感謝をされれば心の内で嬉しく思ってくれているはずです。

そして、そのうちに旦那さんも奥様に感謝してをしてくれるようになりましょうでしょう。

このような会話から、夫婦生活は円満進んでいきます。

稼ぎが少ない旦那さんもいらっしゃると思いますが、そのことで不平不満を言っても決して給料が上昇するわけじゃないです。

収入を増やしたいなら、旦那さんを一方的に責めたりしないで、奥さんもしっかりと働くべきだと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す