京都の時代祭って?初心者にも分かりやすく紹介!

京都で毎年開催をされています時代祭は、葵祭や祇園祭と並ぶ大きなお祭りとして知られております。

今日はそんな時代祭について詳しくお話していきたいと思います

スポンサードリンク


時代祭とは?

時代祭とは、京都三大祭の一つでして、京都平安神宮の大祭です。

時代祭はどのくらい前から行われていたんでしょうか?

1895年に、平安神宮創建と平安遷都から1100年をお祝いする行事として行われたのが始まりなので、
歴史のあるお祭りだということが分かりますよね。

第1回目の時代祭は、10月25日に行われたのですが、次回からは10月22日となりました。

これは、桓武天皇が、その昔、794年に当時の都を長岡京から平安京へ移したのが10月22日だったからです。

では、この伝統的なお祭り、京都の時代祭は、実際にどのような事が行われるんでしょうか?

「ご鳳輦」と呼ばれるものに桓武天皇・孝明天皇のご神霊が乗り、「ご鳳輦」のお供にそれぞれの時代の行列がつきます。

京都市街の安泰、繁栄を時代別に見る事が可能なのです。

明治維新の行列から始まって、江戸時代、安土桃山時代、室町時代、それから、吉野、鎌倉、藤原、延暦と、8つの時代に分かれております。

この20の列が京都の時代祭の目玉ですね!

この行列は人だけじゃなくて、牛や馬も登場して、2000名あまりの方が参加をされます。

長さで表しますと、2キロメートル以上となって行列を全て見たのなら所要時間は3時間を超えます。

時代祭

この行列の衣裳は素晴らしく線密に作られております。

京都の時代祭の行列は、それぞれの時代考証をしっかり行い、調度品や衣装、祭具を作り込んでいます。

点数にすると1万2000点以上の調度品や衣裳が使われておりまして、細部まで丁寧に再現されております。
ここには伝統的な技術が使われているのでしょうね。

京都時代祭の行列は「生きた時代絵巻」と呼ばれています。
そういわれるのはとても頷けます。

「時代祭宣状授与祭」では、行列のメインになる参役の約500名が平安神宮のご神前に出て、行列の無事な執行を祈願します。

ここでは宮司から宣状がおのおのに授与されます。

「時代祭奉祝踊り足固め」は、平安神宮境内で行われます。
ここでは衣装をまとった女性、300名による民踊列が披露されます。

「時代祭前日祭併献花祭」は祭の無事の執行を祈っての献花などが平安神宮で実行されます。

「神幸祭」は、2基のご鳳輦にそれぞれ、桓武天皇、孝明天皇のご神霊を移す儀式が実行されます。
その後、神幸列が平安神宮を出発し、京都御所へ到着をいたします。

「行在所祭」に参列するのは崇敬者と市民代表で神饌講社より、神饌が献じられます。
白川女の献花奉仕も行われます。

これが終わったら、行列進発が始まります。

時代行列が京都御所を出発し、平安神宮を目指して行きます。
途中の御池寺町や平安神宮前では、奉祝踊りの披露がされております。

「大極殿祭並還幸祭」は時代祭のすべての行列が到着した後に行われます。

御鳳輦を大極殿へ奉安、延暦文官参朝列の三位までが代表して、祭文を奏上します。
そして、ご鳳輦より御霊代を本殿にお戻しして、祭典が終わりを迎えます。

翌日は「時代祭後日祭」が行われます。

祭典が無事に終了したことを奉告して、祭具を片付け、格納します。
京都の時代祭はこのような流れで行われています。

とても伝統のあるお祭りです。
まだ見た事が無い方は、是非1度ご覧になってみてください。


スポンサードリンク

コメントを残す