こどもの歯磨きで気を付ける事とは?

口の中をきれいにして、むし歯予防をするため実行するこどもの歯磨きは、非常に大事な生活習慣ですね。

今日は子供の歯磨きで気を付ける事をお伝えします。

スポンサードリンク


こどもの歯磨き

おとなにになっても歯磨きはとても大事な事ですが、特に歯の入れ替わり、成長過程であるこどもの歯磨きは特に重要になります。

食事や睡眠、運動など他の生活習慣と一緒で、歯磨きもこどもの成長にとても大切な規則正しい生活の為の行いです。

従って小さい頃からこどもに歯磨きの習慣をつけておくことはとっても大切です。

嫌がるこどもの歯磨きを行なうことは親にとってはとても苦労することで、中々習慣づけできない子も多いです。

歯磨きは家族の触れ合いの時間にして、楽しい時間になるようにすれば子どもと親共に歯磨きに対してストレスに感じることはなくなるでしょう。

こどもの歯磨きは、歯が生え始めたらスタートです。
初めに1本前歯が生えてきます。

赤ん坊の段階で突然ハブラシを口に入れたら嫌がって、歯磨きが嫌になってしまうでしょう。
始めのころはガーゼなどを使用して磨く程度でOKです。

慣れて来たらちょっとずつ赤ちゃん用のハブラシを使って歯磨きをしてあげるようにいたしましょう。

日頃から親が歯磨きをしている様子を赤ちゃんに見せてあげていると、歯磨きをすることが当然だと考えるようなり抵抗がなくなるかもしれないです。

こどもがちっちゃいうちは、まず親が膝の上に寝かせてこどもの歯磨きをしてあげるといいです。

幼児期頃からちょっとずつ自分でもさせるようにして、必ず仕上げ磨きを大人が行うようにしてください。

小学生くらいまでに自分で歯磨きが気が出来れば大丈夫です。
歯磨きは、毎食後に行うのがおすすめです。

だけど実際にはそこまで頻繁に行うことが難しいため、朝方と夜の2回行なうといいでしょう。
可能であればお昼過ぎにも1回できるといいですね。

特に眠りに就く前に行う夜の歯磨きは丁寧にやりましょう。
睡眠時が最もむし歯が発生し易いときですので、しっかりと歯磨きをして虫歯予防を行いましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す