花火大会を比較する事に意味はあるのか

現在、関東で開かれている花火大会を比較しているサイトはたくさんありますね。
ランキングも当然あります。

しかし、花火大会を比較することに意味はあるのでしょうか?…

スポンサードリンク


花火大会について考える

関東だけではなく海や川沿いでの花火大会がとっても多いのですが、それは多くの人がゆったりと観覧できるように配慮がされているからです。

また、打ち上げ数は多ければ多いほどいいと思っているかもしれませんが、一定数を超えると人の感覚では全く分からなくなります。

ずっと連続して打ち上げるよりも、時々小休止するタイミングがあっても悪くはありません。

花火大会はこうなければならないと思っている人もいるかもしれませんが、それが必ずしもいいとは限らないです。

子どもの時に見た花火大会はいつまでも印象に残っています。

しかし、その時の花火よりも食べた綿菓子やお父さん、お母さんのことかもしれません。

花火は美しいのですが、一瞬のきらめきですから、あまり記憶には残らないのかも知れません。

どこの花火大会がいいかとかを比較するよりも自分がどこに行くかをしっかりと考えてください。
花火大会に行ってがっくりすることはないでしょう。

それはイラついたお父さんたちがけんかをしているか、子どもが泣いていることが花火の印象をきれいさっぱり消し去ってしまうからです。

花火大会はゆっくりじっくりと見ることをおすすめします。
それが一番花火大会の良さを知ることになります。

どこの花火大会も開催するスタッフは大変な苦労です。
そのことに思いを馳せることが楽しむ秘訣でしょう。

スムーズに上がらない花火に文句を言うだけなら、絶対に見に行かない方がいいです。

行かなかった方がよかったと思う事になるでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す