うつ病とは一体?

うつ病と言う言葉を聞くことは多くなりましたが、

具体的にどのような症状をうつ病と呼ぶのか
正しく理解している人は少ないんではないでしょうか。

本日はうつ病についてお伝えします。

スポンサードリンク


うつ病とは

うつ病というのは辛いうつ状態が続いて
日常生活に支障をきたしてしまう病気の事ですね。

一時的な気分の落ち込みはうつ病ではないですね。
気分がゆううつになるのは誰でもあることなのです。

その状態が長期に続く、具体的には2週間以上続く場合
うつ病と判断されることが多いみたいです。

人によって具体的な症状は全く違いますので、
治療が必要かどうかの判断はそう簡単ではありません。

うつ病の治療として薬を使用する医師が多いのですが、
この薬は抗うつ薬と呼ばれるものです。

うつ病の原因を特定することは非常に難しいのですから
原因の除去よりも対処療法にならざるを得ません。

あなたの周りにうつ病になった人はいないですか?

自分がうつ病にならない限り、
本当の意味での理解は難しいのかもしれませんが、

身近な人はうつ病になった時には、
医師とよく相談して適切な対応をすることが求められます。

うつ病の人に対して、元気づけることをかけることさえ
病気の人にとっては負担となる可能性があるんです。

うつ病

一般の人がうつ病患者に接する時には注意が必要と言うことです。

薬によって症状が改善しますが、
薬を継続することは副作用の危険性が増すことになります。

また、複数の薬を併用することは
あまりすすられることではありません。

現代人は過度のストレスにさらされているため、
うつ病になりやすいと言われております。


スポンサードリンク

コメントを残す