子供に安全なヒーターの選び方

ヒーターには、部屋の全体を暖めてくれるタイプ、
部屋の一部を暖めてくれるタイプがあります。

それぞれの特徴を知って、使用用途、
場所に合ったヒーターを使用することで効率的に暖めることが可能です。

また、小さい子供のいる家庭では、より安全なヒーターを選ぶ必要があります。

ヒーター、ストーブなどの暖房器具が原因となった、
子供の火傷などのケガ、事故につながるケースが大変多いからですね。
最近では、安全面に配慮した機能がヒーターについています。

こうした機能がついているものを積極的に選ぶといいと思います。

スポンサードリンク


ヒーターの安全機能

転倒時自動消火機能

子供がふとした拍子にヒーターを倒してしまったり、
地震の揺れで倒れてしまったりして火事になってしまっては大変ですよね。

このようにヒーターが倒れてしまったときに
自動的にヒーターのスイッチをOFFにして運転停止させる機能です。

また締め切った部屋で長時間ヒーターなどを使い続けると、
一酸化炭素中毒の危険があります。

そのため一定の燃焼時間経過したら、
自動的に運転停止する機能もあります。

転倒時自動消火機能

チャイルドロック

子供がスイッチを操作しないように、
押しても作動しないようにロックをかけておく機能です。

子供はボタンがとっても大好きです。
目の前にあれば絶対に触ってしまうでしょう。
普段からロックをかけておくと安心です。

チャイルドロック

人感センサー

人の有無をセンサーで感知して、人が周囲にいないときにはパワーを下げる機能です。

安全対策だけではなく、節電対策にもなります。
効率的にヒーターを運転させることができるのです。

ヒーター

安全なヒーターの選び方

ヒーターを始めとした暖房器具全般には、
安全性を高めるための基準として「電気用品安全法」が定められております。

しかしながら安全性を高める対策は、
メーカーそれぞれに任せてありますので、メーカーによって対応が違ってきます。

そのため、利用者側からしたら安全対策が十分ではないと思えるヒーターもあります。

子供のためにも安全なヒーターを使いたいと言う方は、
自分で注意をして安全なものを選ばなければいけません。

安全なヒーターを選ぶためのチェックポイントを紹介したいと思います。

表面温度の低いもの

ヒーターを使っていて怖いのは、子供がヒーターに触れて火傷をしてしまうことです。
特に小さい子供は、どこを触るか分からないです。

オイルヒーターは、表面温度が100℃にもなります。
表面温度が低い機種だと50℃くらいです。

表面温度が低いからといって、部屋を暖める範囲が狭いわけでも、
部屋が暖まらないわけでもありません。

だとしたら、表面温度は低い方が安全です。
最近のヒーターはとっても優秀です。

ヒーター部分の温度の低いもの

電源を入れたらたった1分で、ヒーター部分は500℃から800℃にもなります。
低いもので300℃くらいです。

暖かさに違いはありませんので、やはりこちらも低い方が
火事などの危険を減らすことができます。

安全柵の隙間の低いもの

当然のことながら、ヒーターの安全柵に子供の指が入るようでは非常に危険です。
隙間はできる限り狭いものが良いですね。
指だけではなく、物も入り込みにくくなるので安全です。

また安全柵は、熱くならないものがいいです。
万が一子供が触ってしまっても、火傷しないからです。


スポンサードリンク

コメントを残す