吃音とは?改善方法、治療方法はあるの?

吃音とはつまりどもりのことですが、
当人は非常に苦しんでおります。

吃音ではない人にはその気持ちは分からないでしょう。
子どもの時から吃音でずっと悩んでおられるのです。
吃音に関しては非常に多くの誤解があります。

例えば、吃音は治らない、治療法がないと言ったことです。

また、吃音の方はゆっくりとしゃべればいいと言われておりますが、
それができるくらいでしたら誰も悩まないです。

病院で治療を受ける場合でも、
適切な治療を期待できるとは限りません。
医師の中での吃音に対する理解ができていない場合が多いからです。

インターネットで吃音を調べてみたら
実に色々な意見がありますね。

自宅で自分で治すことができると言う記事から、
高価な治療器具の販売まであります。

子どもが吃音になっている場合、親は何とかして治療してやりたいと思うはずです。
しかし、その思いが逆に子どもへの大きなプレッシャーになってしまうんです。

吃音の子どもを持つ親の会のような団体もあります。
一人で悩んでいても何も解決しないからです。

吃音をどうやって治すか、または克服するかと言う問題は
いまだに誰も解決していません。

人口に対して一定の割合で吃音の人が存在します。
決してなくなることはないのです。

それなのに治療法が確立していないとはどうしてなのでしょうか。
医学界の研究成果だけでは、吃音の人へのメリットは何もありません。

実際に悩んでいる人が考えなければならないのかもしれません。
現実として吃音のために仕事などを辞めざるを得ない人が沢山います。

スポンサードリンク


吃音の改善

吃音治療に関する情報は現在たくさんあります。
その大半は吃音が治療できないというものです。

インターネットで吃音に関する情報を探してみると分かると思いますが、
ほとんどの人が吃音で悩んでいるということです。

暗い学校時代の思い出ばかりが強調されています。
やはり思春期のコンプレックスは強烈なのでしょう。

それが将来にまで尾を引いてしまうことは避けられないです。
そのような苦しみから解放してくれる方法は現代でも確立しておりません。

治療法について、研究が行われてきたのですが、
いまだに謎が多いのです。

原因を特定したという記事もあるのですが、
それが全ての人に適用できるわけでは無いです。

また、教材商法のような宣伝で、
これを購入すれば必ず吃音が改善されると宣伝しているサイトもいくつかあります。

一般的な治療法として30万円以上も出して改善する器具があります。
これで完全に良くなるということは絶対にないです。

吃音で悩んでいる人の弱みに付け込んだような商売なんです。

あなたが吃音でなければ、その気持ちは決してわからないかもしれません。

吃音で悩んでいる人が書いたサイトでは、
子どものころからの悩みが切実に記述されています。
誰も自分の吃音を改善してくれなかったと言うことですね。

吃音に関する研究はたくさん行われていますが、
その原因さえいまだに特定ができていません。

心理的な要因、肉体的な要因、
そして脳医学的な要因が関連していると言われております。
いずれにしても、吃音の人の悩みは解決しておりません。

口を押える

吃音の治療

現代において吃音の治療方法は確立されておりません。

それでもクリニックなど吃音を改善しようとする試みは
行われているのです。

吃音で悩んでいる人にとっては、
お金を出せば治療してくれるのであればぜひとも受けてみたいと思うからです。
「誰か自分の吃音を治してほしい」とずっと考えていることでしょう。

吃音の人は全人口の1%から5%程度と言われておりますが、
吃音の定義でも異論がありますから、正確な数字は出ておりません。
また、吃音の程度も様々です。

重症な人から軽症まであって、
本人がどう考えているかによって悩みのレベルが変わるのです。
幼児期であれば、ほとんど悩みません。

しかし、思春期になるにしたがって、悩みは大きくなっていきます。
吃音のせいでいじめに遭っている人も少なくないと思います。
誰も悪くありませんが、早く吃音治療が確立してほしいものですね。

吃音で悩んでいる人でも歌を歌うことはできます。
したがって、精神的な要因が吃音に関連していることは間違いないですね。

周りの人が吃音に対してどのように対応するかも重要です。
家族であれば、吃音をなんとかしてあげようと思いますので、
ゆっくり話すように指摘するでしょう。

しかし、会社などではそれを待っている時間はありません。
そのため仕事ができないというレッテルを張られることが多いでしょう。

しゃべらなければ何でもできる人が、
吃音というだけで差別をされてしまうのです。

吃音は日本だけの症状ではありません。
世界中で同じ悩みを持っている人がたくさんいます。


スポンサードリンク

コメントを残す