クリスマスツリーのオーナメントの飾り付けのコツは?

年末が近づくと、おうちの中や、お店など、ホテルやレストランでも、
クリスマスツリーの飾りつけが行なわれます。
ツリーは毎年、同じ飾り付けをしていると言う方も多いでしょう。

ですが、飾りだけでも変えてみると、まるでツリーを買い直したように、
フレッシュなクリスマスツリーに生まれ変わるのです。

クリスマスツリーは、基本的には、木が一緒ですから、
後はオーナメントのセレクト次第で、雰囲気がだいぶ違ってくるものです。

セットになっているツリーですと、一般的なベルやリボン、
リンゴなどのオーナメントが飾りとして入っていますが、
それをそのまま使うにしろ、自分なりのセンスで飾りましょう。

基本的に、インテリアコーディネイトをする際と同じです。

どのようなクリスマスツリーを作りたいか、
自分でテーマを決めて、コーディネイトしていけばよいのです。

シックなのか、ゴージャスなのか、シンプルなのか、
またはアットホームな感じなのか、いろいろテーマはありますよね。

お子さんがいらっしゃる場合、飾りはどうしても可愛いものになりがちですが、
これは仕方がないことです。

クリスマスの主役は子供たちですから、
好きなように飾りつけをさせてあげたいですからね。

ですが、大人だけのおうちの場合は、シンプルなオーナメントほど
センスの良いクリスマスツリーに仕上がるでしょう。

よくある球のオーナメントですが、これはシンプルなものを選べば、
他のオーナメントが映えるでしょう。

こだわって選んだオーナメントをつければ、
大人っぽい素敵なクリスマスツリーが出来上がります。

今回はクリスマスオーナメントの飾り付けのコツについてお伝えします。

スポンサードリンク


オーナメントの飾り付けのコツ

例えば、リンゴのオーナメントもプラスチックではなく、
陶器でできたものや、鳥のオーナメントを使うにしろ、ぬいぐるみのようなものではなく、
影絵のようなシンプルなものを使うと、センスよく見えます。

プラスチック製でも、シャビーな仕上がりになっているものは、
まるで使い込んだアンティークのようで素敵です。

質感を大事にしてオーナメントをセレクトすると、
安っぽいクリスマスツリーから脱却できるでしょう。

飾りつけに自信がない方は、ライトにプアスして、
一種類か二種類程度のオーナメント、しかも大きめのものにすると簡単です。

例えば、イルミネーションと、リンゴだけにすると、シンプルですが、
かつ、大人っぽいツリーができますし、がちゃがちゃ飾りがあるより、
ずっとセンスよく見えるものです。

ゴールドのオーナメントだけを使っても、豪華に見えますし、
ホワイト系のオーナメントで揃えてもよいでしょう。

色をそろえると、クリスマスツリーの雰囲気も変わりますので、
テーマカラーを決めて、飾りの色をそろえてみても面白いと思います。

毎年、オーナメントを購入し、増やして行ったとしても、全部を飾らなくてもよいのです。

今年のイメージを決めて、それに合ったオーナメントだけを飾れば、
毎年、違ったクリスマスツリーを楽しむことができますね。

クリスマス時期になりますと、雑貨店などでは、
様々なオーナメントが売られていますので、好きなものを買い集めることも楽しいです。

以前、使っていたオーナメントも取り入れながら、
新しい飾りも組み合わせて楽しめるとよいでしょう。

また、クリスマスムードを盛り上げるために、クリスマスツリーだけに飾るのではなく、
オーナメントを窓際に釣りしたり、テーブルの上に飾ったりすれば、
ツリーに使われなかったオーナメントも活躍します。

手軽に演出する方法として、お気に入りのお皿や、
ティーカップにオーナメントを盛っても素敵です。

オーナメントの色と、お皿やカップの色をコーディネイトしたり、
キャンドルを並べたり、これで、より一層、おしゃれになるでしょう。

本来はクリスマスツリーのためのオーナメントですが、玄関やテーブルや、
車の中、トイレなど、いろいろな場所に少しずつ、
飾りつけができれば、家中、どこでもクリスマス気分ですよね。

こういう方法で飾り付ければ、クリスマスツリーを持っていない人でも、
オーナメントだけでクリスマスの飾りつけを楽しめます。

可愛いオーナメントは沢山、ありますから、コレクションを始めると、
止まらない方もいらっしゃいます。

クリスマスマーケットなどで、お気に入りのオーナメントを探すことが楽しみという方も
いらっしゃいますし、オーナメントはそれほど場所を取りませんから、
増え続けても問題ないでしょうね。

そして、クリスマスごとに、飾り付けの数が増えてくることも楽しいです。

冬場のフリーマーケットでは、クリスマスツリーの飾りもよく売られていますので、
気に入ったものと出会えるチャンスですし、よいものが安く手に入るかもしれません。

私のブログを参考に、知人のりまさんがクリスマスの特化サイトを作成してくれました。
よろしかったら訪問してみてください。

クリスマスを楽しむブログ


スポンサードリンク

コメントを残す